うつ病患者との接し方を医師から学ぼう!【頑張りを求めないこと】

まずは種類を把握しよう

医者

適した対処が必要

うつ病には種類があり、主に大うつ病性障害と双極性障害の2つに分けられます。大うつ病性は仕事や生活でのストレスが原因であることが大半で、患者数も非常に多いのが特徴です。患っている時は生きる気力がかなり低下して、何かやろうとしても手が動かなかったり、1日中部屋に引きこもったりしてしまいます。他にも不眠や疲労、物事の興味関心が薄れるなどの症状が出てくるので精神科や心療内科での治療が必要になります。双極性障害は躁うつ病とも言われていて、異常なほど元気になる躁状態と大うつ病性と同じ症状が出る状態の2つを繰り返します。気分の波が極端ではありますが、普通の人でも元気だったり落ち込んだりするので見分けるのはかなり難しいのが特徴です。また、躁状態が軽い場合もあるので少しでも疑いがある時は早めに病院へ行くことをおすすめします。そして、病気を患った人が身近にいる時、最も注意しなければならないのが接し方です。間違った接し方をすると患者を追い詰めてしまうので、まずは構いすぎたりやたらと励ましたりしないようにしましょう。気分転換として外に連れ出すのも注意が必要で、配慮されていると感じて逆にストレスになってしまいます。何よりも大切なのがリラックスできる環境作りになるので、ゆっくり休めるような状態にしましょう。うつ病になった時の対策はちゃんと休める環境作りが第一になりますが、接し方の一つとして患者本人の話を聴いてあげるのも大切です。不安や心配になっていることを否定せずに理解を示すと安心できます。また、あまり語りたくない時は無理に引き出そうとせず、話したくなったらいつでも話してほしいと伝えましょう。見守っているという姿勢を見せるとうつ病の悪化を防げるので、必要以上に気にかけないよう注意してください。そして、あまり状態に変化が見られない時は病院へ連れて行くことも大切ですが、初めてかかる場合うつ病であることを言ってしまうと余計な気を遣わせてしまうので、疲れているなら病院で見てもらおうという風に伝えましょう。接し方一つで症状の進行具合が変わるので、患者の状態に合った方法で接することが重要になります。予防方法としては、考え方を見直してうつ病につながることを把握しておくと対処しやすくなります。特に、完璧主義や責任感が強いという特徴がある人は患いやすいので自分の性格を知っておきましょう。更に、夜更かしや偏った食生活もうつ病の原因となるので、毎日しっかり日光を浴びてバランスの良い食生活へと改善することが大切です。実践するとリスクが大きく低下するので、落ち込みやすい人はライフスタイルを振り返ってできるところから変えていきましょう。

Copyright© 2018 うつ病患者との接し方を医師から学ぼう!【頑張りを求めないこと】 All Rights Reserved.