うつ病患者との接し方を医師から学ぼう!【頑張りを求めないこと】

病気に悩む人がいるなら

男性

距離を取るのも大切

気分が落ち込んでしまううつ病は、発症した本人だけではなく、周りにも大きな影響を与えることになります。今まで通りの普通の接し方ができなくなるケースが多いため、どうしたらよいのか対応に困る方もいるでしょう。うつ病の方に対する接し方で、世の中で一般にいわれているのが、頑張りを求めないことです。本人は頑張りたくても頑張れない状態にありますので、よかれと考えていった言葉が症状を悪化させてしまう可能性があります。もしも、接し方が分からないのならば、本人が落ち着くまで、距離を取って静かに見守るようにしましょう。なお、知人や友人ならば見守るだけでもよいですが、家族がうつ病の場合は、それだけでは駄目だと感じてしまうはずです。もしも、家族がうつ病で苦しんでいるのならば、本人が通っている精神科や心療内科に一緒に訪れてみることをオススメします。そうすれば、うつ病のスペシャリストのドクターと話ができますので、正しい接し方を教えてもらえるでしょう。ただ、本人が一緒にいきたくないといったのなら、無理についていくことはやめたほうがよいです。現在では家族だけでも相談ができる医療施設もありますので、対応しているかどうか電話で確認してみましょう。うつ病は治療をすればよくなる病気なので、しばらく医療施設に通えば、どんどんと回復していきます。ただし、よくなってきたからといって、すぐに接し方を戻してしまうと、重い症状が再発してしまう可能性があるので注意しましょう。本人は不安定な状態なので、医者から治療の必要がないとお墨付きをもらうまで、慎重な接し方をしたほうがよいです。なお、うつ病の発症の原因となるのは、突発的なつらい出来事や日頃から続くストレスが有名です。人によって耐えられる容量が違いますので、自身は大丈夫でも、他者はうつ病になってしまうこともあります。そのため、病気が心配なら疲労度やストレス度を常に把握して、家庭や会社などから原因を排除するとよいでしょう。ちなみに、うつ病になる原因は他の症状も引き起こしますので、気持ちに何かしらの不都合があるなら、試しに精神科や心療内科で診察してもらうことを推奨します。もしかすると、軽いうつ病かもしれませんし、まったく違う他の病気を告げられるかもしれません。いずれにしても、軽い状態で医療施設に訪れれば、軽い治療で済みますので、手間や治療費を節約することができます。どのような病気だとしても、こじれてしまうと治療期間も治療費もかなり必要となるので、気をつけなければいけません。

女の人

うつ患者との生活について

うつ病は見た目全く変わらない患者も多いので、鬱になりやすい人やうつ自体の特徴をよく理解していきましょう。一人になりたがることもあれば便秘になることもあることを知り、医師とよく話し合ってうつ患者との接し方を模索するべきです。

医者

まずは種類を把握しよう

うつ病には興味関心が薄れる大うつ病性と、躁とうつ状態を繰り返す双極性の2つに分けられ、患者の接し方は基本的に休める環境を提供し、話を聴いてあげることになります。うつ病の予防方法は日光と食事が重要になるので、生活を見直すことも非常に大切です。

看護師

自分を見直せるのが利点

自分のことを見つめ直せるのがうつ病のメリットであり、認知行動療法ではストレスを受けにくい他人との接し方などが学べます。通院先は決める時は、治療目的などをキチンと説明してくれるほか、うつ病との接し方を家族にも教えてくれる病院を選びましょう。

診察

休職や休学をさせよう

兄弟姉妹や両親、配偶者などの身近な家族がうつ病に罹ると、戸惑いを感じている人がほとんどです。正しい接し方を知っておくと、病気の回復を早めることができます。認知の歪みが生じている時は、話を聞いてあげることが大事です。

Copyright© 2018 うつ病患者との接し方を医師から学ぼう!【頑張りを求めないこと】 All Rights Reserved.